原材料・成分・安全性

カナガンキャットフード原材料の秘密2

妥協のない安全性へのこだわりや原材料の品質の高さで人気のカナガンキャットフード。

原材料についての記事は以前書きましたが。

カナガンキャットフード原材料の秘密

こちらの記事では紹介しきれなかった原材料がまだ他にもあるので今回紹介していこうと思います。

前回の記事を読んでいる方ならカナガンキャットフードの原材料へのこだわりは理解していると思いますが、使用している原材料全て猫にとって栄養になる物しか使用していません。

カナガンキャットフードの原材料。

カナガンキャットフードには以前の記事で紹介したイギリス産供給平飼いチキン、穀物類に代わる炭水化物源のサツマイモ以外にも、様々な健康に良い食材が使用されています。

海藻

皆さん海藻は知っていますよね?

お味噌汁に入っているわかめ辺りが代表的です。

人間もよく食べる海藻類ですが、海藻は非常に栄養価の高い食材って知ってましたか?

海藻はミネラルを豊富に含んでいるので健康を維持するのに欠かせないんですね。

さらに海藻にはヨウ素もたくさん含まれているので代謝が安定して猫の健康的な身体を守ってくれます。

猫に海藻と言うとものすごくミスマッチに感じる方もいるかもしれませんが、実は非常に相性の良い食材だったんですね。

ハーブ

みなさんハーブというと何を想像するでしょうか?

料理の香りづけや虫よけを思い浮かべる方が多いと思います。

しかしハーブ類は香が良いだけではなく、様々な栄養を含む食材なんですね。

とある歌手の曲で有名になったマリーゴールドは健康的な若々しい身体を維持する効果があると言われています。

クランベリーというサクランボのような実は還元作用に優れていると言われ、猫にとっての健康的な成分を豊富に含んでいます。

紅茶で有名なカモミールは香が良いだけではなく、リフレッシュ効果があり猫の健康的で快適な毎日をサポートしてくれるんです。

このようにメイン食材のイギリス産チキン以外にも様々な猫にとって健康的な食材がカナガンキャットフードではふんだんに使用されています。

ハーブ類はまだまだたくさん使用されていて。

セイヨウハッカはナチュラルな香料として使用されていて、さらに香料なのにも関わらず猫の健康的な身体の維持に貢献してくれるんです。

カナガンキャットフードは猫にとって余分な物は一切使用しない事にこだわっているので人口添加物不使用のキャットフードです。

なので人口添加物の香料に代わってこのセイヨウハッカを使用しているんですね。

そして香つながりで紹介するとアニスの実もカナガンキャットフードには使用されています。

アニスの実は上質な香りを持ち人口調味料に代わって使用されているんですね。

そして栄養たっぷりのアルファルファも贅沢に使用しています。

アルファルファに関しては聞いたことがない方が多いと思うので詳しく説明すると、マメ科のハーブでペルシャ語で最良の草を意味しています。

最も良い草とはかなり期待ができる名前ですよね!

そしてその名前にふさわしく、ベータカロチン・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンKなどの栄養が豊富に含まれている食材です。

最良の草の名前にふさわしい栄養価の高いハーブですね。

カナガンキャットフードの成分表をみてわかるよに様々な健康に良い原材料がたくさん使用されているんですね。

このような原材料へのこだわりが、健康志向の強い飼い主の信頼を得ている秘密なんだと思います。

原材料・成分・安全性

獣医師からも推薦されるカナガンキャットフード

キャットフードは日本だけではなく世界中に様々な種類のものがあります。

品質に関しても、価格を安くするために4Dミートのような質の悪いものを使用してコストを下げている物から、カナガンキャットフードのように品質にこだわり安全性を追求している物まで様々ですね。

しかし安全性が高いと言われているキャットフードでも獣医師から推薦されるフードはなかなかないですよね?

カナガンキャットフードは獣医師に推薦されている。

カナガンキャットフードが安全性の高いキャットフードという事は知っている方も多いと思いますが、単に一般の飼い主さんたちからの評価が高いというだけではなく、動物のケガや病気、健康を扱うプロの獣医師の方々からも高く評価されているんです!

上の画像にあるように88%もの獣医師が推薦するフードがカナガンキャットフードです。

高く評価されている理由は安全性の高さだけではありません。

意外とみなさんが見落としがちなポイントである食べやすさ。

キャットフードを選ぶ時に

  • 添加物が使用されているのか?
  • グレインフリーのフードなのか?
  • 栄養価が高いのか?
  • 原材料は何が使われているのか?

これらの点を気にして選ぶ方はいますがフードの食べやすさ、つまり固さや大きさに気を配って選んでいる方はすごく少ない印象です。

カナガンキャットフードは全猫種、全年齢対応のキャットフードなのでフードの食べやすさに関してものすごく研究されています。

  • 小さい猫でも食べやすく、かつまる飲みはしないような程よい大きさ。
  • 固すぎないでサクサクと食感を楽しめるような固さ。
  • チキンたっぷりで猫の嗜好性にも配慮している。

このように実際フードを食べる猫の気持ちも考えてカナガンキャットフードは作られているので、獣医師の方々からも推薦されています。

さらに栄養面についてもカナガンキャットフードは獣医師から高い信頼を得ています。

カナガンキャットフードは良質なたんぱく源として、ストレスの少ない平飼いで飼育されたイギリス産の高級チキンを60%以上も使用しています。

猫にとってチキンという食材は栄養が豊富なだけではなく、消化にも良いので身体にかかる負担がとても少ないんです。

そしてグレインフリーという点も獣医師が高く評価しているポイントなんですね。

グレインフリーのフードをなぜ獣医師がオススメするのかというと、猫は完全な肉食動物だからです。

猫とよく比較される犬ですが、雑食動物である犬に比べると猫は小麦や大麦、とうもろこしなどの穀物類は消化が苦手で身体への負担が大きいんですね。

カナガンキャットフードには大麦や小麦、とうもろこしはもちろん、その他の穀物類も一切使用していないので猫にとって健康的なフードと言えます。

さらにカナガンキャットフードが優れている点はタウリンもしっかりと摂取できると言う点です!

タウリンという成分の名前は聞いたことがある方が多いと思います。

タウリンはほとんどの哺乳類が自分の体内で合成できる成分なのですが、猫はごく微量しか合成できないので食事から充分量を摂取するしかないんです。

成分を見るとわかりますが、カナガンキャットフードにはタウリンが豊富に含まれているので、栄養面からみても猫に適したフードと言えるんですね。

カナガンキャットフードを実際に購入して与えている飼い主さんの意見ももちろん参考になりますが、獣医師からも高い信頼を得ているというのはかなりの安心感がありますよね。

  • 現在与えているフードに満足していない。
  • これから猫を飼う予定がある。
  • 愛猫が歳を取ってあまりエサを食べなくなった。

もしこれらに当てはまる方がいたらカナガンキャットフードの購入をかんがえてみてはどうでしょうか?

原材料・成分・安全性

カナガンキャットフード原材料の秘密

ネットでオススメのキャットフードを検索すると必ず名前が挙がるカナガンキャットフード。

安全性や嗜好性の高さなど人気の理由は様々ありますが、カナガンキャットフードの人気について説明する時に原材料は外せません。

他のキャットフードとは一味も二味も違うカナガンキャットフードの原材料について深く掘り下げていこうと思います。

カナガンキャットフードの代表的な原材料。

カナガンキャットフードに使用されている原材料はヒューマングレードという人間が食べることができる品質のものを使用して生産されています。

価格の安いペットフードによく使用されている4Dミートのような質の悪い原材料は一切使っていません。

カナガンキャットフードに使用されている代表的な原材料はこちらです。

使用する材料一つ一つにしっかりとこだわり、全ての原材料が猫の栄養になるもので、添加物のような健康に害を与える可能性のある物は一切使用していません。

その中でも特にこだわっているのがチキンですね。

カナガンキャットフードに使用されているチキンは、イギリス産の高級平飼いチキンです。

平飼いという言葉が聞きなれない方もいると思いますが、簡単に言ってしまえばケージの中で飼育するのではなく、平地に放し飼いにして飼育する方法です。

日本で一般的な飼育方法はたくさんあるケージを積み重ねて育てる方法なのでそれとは真逆の飼育方法と言えますね。

平飼いで飼育することのメリットは、ケージ飼いに比べてストレスが少なく、自由に動き回ることができるので運動不足にもならず健康的に育つ点です。

低ストレスで健康的に育った鶏肉は良質なタンパク質を多く含んでいるので、タンパク質から栄養を摂取する肉食の猫には最適の原材料と言えますね。

日本では猫というと魚のイメージが浸透していますがこれは日本だけのイメージで外国では猫が魚を好きというイメージはないんです。

事実猫は完全な肉食動物で魚よりもチキンのような肉類の方が消化しやすく身体にかかる負担も少ないと言われているんですね。

カナガンキャットフードがチキンを原材料に使用しているのにはしっかりとした根拠があったわけです。

そしてもう一つカナガンキャットフードの原材料を語る上で外せないのがサツマイモです!

カナガンキャットフードは穀物類不使用のグレインフリーにこだわっているので、炭水化物を含む原材料がかなり限られてきます。

そんな中で選ばれたのがサツマイモなんですね。

サツマイモは食べた後にゆっくりと時間をかけて吸収されるので猫の身体に負担がかからず、吸収と同じようにエネルギー消費もゆっくりなので長い時間空腹を感じる事がなく過ごすことができます。

エサを食べてあまり時間が経っていないのにまたエサを食べたがる猫にはサツマイモを使用しているフードがオススメですね。

このような理由からサツマイモは穀物類に代わる炭水化物源としてペット業界から注目されているようです。

ではなぜ全てのキャットフードがサツマイモを使用していないのかというと、理由は単純でサツマイモの価格が高いからですね。

昔に比べれば今はかなりグレインフリーのフードも増えてきましたが、やはり圧倒的に穀物類を使用しているフードの方が多いのが現状です。

猫にとってアレルギーを引き起こしやすいと考えられている大麦や小麦、とうもろこしは価格が安いので手軽な炭水化物源として多くのペットフードに使用されています。

しかし穀物類は猫にとって消化しにくく、消化器官のトラブルを起こすリスクもあるのでカナガンキャットフードでは一切使用していないんですね。

以上のようにカナガンキャットフードは使用する原材料に関しても一つ一つしっかりと考え、猫にとって必要なもの以外は一切使用しないように徹底しています。