原材料・成分・安全性

獣医師からも推薦されるカナガンキャットフード

キャットフードは日本だけではなく世界中に様々な種類のものがあります。

品質に関しても、価格を安くするために4Dミートのような質の悪いものを使用してコストを下げている物から、カナガンキャットフードのように品質にこだわり安全性を追求している物まで様々ですね。

しかし安全性が高いと言われているキャットフードでも獣医師から推薦されるフードはなかなかないですよね?

カナガンキャットフードは獣医師に推薦されている。

カナガンキャットフードが安全性の高いキャットフードという事は知っている方も多いと思いますが、単に一般の飼い主さんたちからの評価が高いというだけではなく、動物のケガや病気、健康を扱うプロの獣医師の方々からも高く評価されているんです!

上の画像にあるように88%もの獣医師が推薦するフードがカナガンキャットフードです。

高く評価されている理由は安全性の高さだけではありません。

意外とみなさんが見落としがちなポイントである食べやすさ。

キャットフードを選ぶ時に

  • 添加物が使用されているのか?
  • グレインフリーのフードなのか?
  • 栄養価が高いのか?
  • 原材料は何が使われているのか?

これらの点を気にして選ぶ方はいますがフードの食べやすさ、つまり固さや大きさに気を配って選んでいる方はすごく少ない印象です。

カナガンキャットフードは全猫種、全年齢対応のキャットフードなのでフードの食べやすさに関してものすごく研究されています。

  • 小さい猫でも食べやすく、かつまる飲みはしないような程よい大きさ。
  • 固すぎないでサクサクと食感を楽しめるような固さ。
  • チキンたっぷりで猫の嗜好性にも配慮している。

このように実際フードを食べる猫の気持ちも考えてカナガンキャットフードは作られているので、獣医師の方々からも推薦されています。

さらに栄養面についてもカナガンキャットフードは獣医師から高い信頼を得ています。

カナガンキャットフードは良質なたんぱく源として、ストレスの少ない平飼いで飼育されたイギリス産の高級チキンを60%以上も使用しています。

猫にとってチキンという食材は栄養が豊富なだけではなく、消化にも良いので身体にかかる負担がとても少ないんです。

そしてグレインフリーという点も獣医師が高く評価しているポイントなんですね。

グレインフリーのフードをなぜ獣医師がオススメするのかというと、猫は完全な肉食動物だからです。

猫とよく比較される犬ですが、雑食動物である犬に比べると猫は小麦や大麦、とうもろこしなどの穀物類は消化が苦手で身体への負担が大きいんですね。

カナガンキャットフードには大麦や小麦、とうもろこしはもちろん、その他の穀物類も一切使用していないので猫にとって健康的なフードと言えます。

さらにカナガンキャットフードが優れている点はタウリンもしっかりと摂取できると言う点です!

タウリンという成分の名前は聞いたことがある方が多いと思います。

タウリンはほとんどの哺乳類が自分の体内で合成できる成分なのですが、猫はごく微量しか合成できないので食事から充分量を摂取するしかないんです。

成分を見るとわかりますが、カナガンキャットフードにはタウリンが豊富に含まれているので、栄養面からみても猫に適したフードと言えるんですね。

カナガンキャットフードを実際に購入して与えている飼い主さんの意見ももちろん参考になりますが、獣医師からも高い信頼を得ているというのはかなりの安心感がありますよね。

  • 現在与えているフードに満足していない。
  • これから猫を飼う予定がある。
  • 愛猫が歳を取ってあまりエサを食べなくなった。

もしこれらに当てはまる方がいたらカナガンキャットフードの購入をかんがえてみてはどうでしょうか?